コーヒーポリフェノールには、脂肪の燃焼を促す効果や、シミを防ぐ効果などがあると考えられています。 コーヒーと言えば嗜好品に分類され、寝起きや休憩などの時間に眠気覚ましとして飲んでいる人も多いでしょう。 しかし、そのコーヒーの中に含まれているコーヒーポリフェノールには、脂肪を燃焼しやすくする効果や、メラニンの生成やメラニンの肌細胞への取り込みを抑制する効果があることが分かってきています。 つまり、コーヒーはダイエットや美白などに役立つ美容にとても効果のある飲み物だと言うことができるわけです。 では、コーヒーで美白を目指そうと思った場合、一日当たりどのくらい摂取すればよいのでしょうか。 答えは、一日に二杯以上だそうです。 一日に二杯なら、無理なく飲める量ですよね。 ただ、コーヒーにはカフェインが含まれています。 夕方以降に飲むと、夜の睡眠の妨げになる可能性がありますので、飲む時間には十分注意するようにしましょう。